​プラティープ財団様運営

《生き直しの学校》について

最初は恵まれない男子青少年たちを救うための
「生き直しの学校」としてスタートし、
運営が軌道に乗ったあと、
少女たちにも性的虐待、家庭崩壊、
家庭内暴力などといった多くの問題が存在することに注目し、

1996年より少女たちの為の
「生き直しの学校」をカンチャナブリ県に
開設しました。 少女たちの問題は、
少年以上に深刻ともいえます。
近所の人や家族の一員から強姦されたり、
虐待されたりといった悲惨な状況にあっている
少女が多いのです。また、小さな子どもたちは
家庭崩壊で身寄りがなかったり、
物乞いを強要されたり、拒否すれば殴られたり
タバコの火を押し付けられるなどの虐待を
受けるケースが少なくありません。 
そこで、カンチャナブリの「生き直しの学校」では
性的虐待を受けたり、薬物中毒になった少女や、
虐待を受けたりストリートチルドレンになった
子どもたちを保護し、
自然の中で共同生活をしています。

《カンチャナブリ校での内容と活動について》

カンチャナブリ校…女の子(5~12歳)、
女子(13~25歳)の施設として1996年にスタート。

《施設での主な生活と活動内容》
・普通教育…小学生は、約1キロ離れた
スットゥンサラー小学校に通学します。
・専門課程…中学生以上の少女は、
毎週土・日にバーンガオ地区で開かれる
「公共教育センター」で専門教育を受けます。

また「生き直しの学校」で
農業、裁縫、花輪作り等の職業訓練も受けます。
・課外活動…各種トレーニング、近郊見学、
スポーツ、芸術活動

​現在のクロントイ・スラムの状況


104-0032, Higashi-yaesu building 1F, 3-14-2, Hatchobori, Chyuo-ku, Tokyo
 

SAKIGAKE EVENTS

TEL 03-6447-4185 FAX 03-6447-4185

© Sakigake Events. All Rights Reserved